厚生労働省承認のアレグラのジェネリックとコーヒー

花粉治療薬の「アレグラ」のジェネリックがあります。

ジェネリックとは、「後発薬」の事です。新薬が開発され新薬の特許期間満了後に「厚生労働省」の承認を得て、製造・販売がされる薬のことを「ジェネリック」と言います。

このジェネリックは先行薬(ジェネリックのおいての)とほぼ薬の有効成分が同じです。ということは、効き目がほぼ同じという事です。
このジェネリックは、開発費等が抑えられているので、薬価が先行薬より原則安いことが多く、その安さが魅力です。

アレグラのジェネリックは「フェキソフェナジン塩酸塩錠」という名前で流通しています。アレグラのジェネリックは多くの製薬会社から販売されており、小林化工・エーザイ・富士フィルム等で扱われています。

アレグラのジェネリックの名前は「フェキソフェナジン塩酸塩錠」で統一されています。

このジェネリックは、花粉以外にも、湿疹・皮膚炎にも効果が期待できます。

また、アレグラを飲んで二時間後に「コーヒー」を飲んだら貧血になった人がいるらしいです。

どんなひとにも、アレグラを飲んだら貧血になるという事ではないと思いますが、貧血になったひともいますので、その事には注意が必要です。

アレグラとほぼ同じ成分のジェネリック薬「フェキソフェナジン塩酸塩錠」も同じ事が言えます。

もちろん、二時間に貧血になるなら、「フェキソフェナジン塩酸塩錠」をコーヒーで服用したらいけません。

薬とほかの成分とは、どんな作用が発生するかはかなり予測ができないです。同時に胃にあるのはお互いに作用しあって体内でいろいろな作用効果が発生します。胃に3時間以内に同時にある場合の作用には注意が必要です。

そのようなことから薬は「水」で飲むことが良いとされています。

花粉症というのは、季節性のものです。コーヒーで貧血が起きる可能性があるので、できるなら、我慢した方が良いです。